大容量バッテリー搭載で長持ちするPriori4!

大容量バッテリー搭載

Priori4では4000mAhと言う大容量バッテリーを搭載しています。スマホを外で持ち歩く際に気になるのがバッテリー切れです。

近頃の高機能な機種だとバッテリーを多く消費します。もし外でバッテリー切れを起こすと使えなくなってしまいます。モバイルバッテリーでバッテリー切れ対策ができるものの、スマホと両方持ち歩くのではかさばってしまいます。

しかしPriori4ではおよそ1300分もの長時間で連続通話ができます。10時間でも600分、20時間でも1200分のために1日分の外出時間の殆どをカバーすることが可能です。

その代わりにバッテリーを完全に使い切った状態から満充電すると時間がかかってしまいます。帰宅したら小まめに充電すると良いです。

Priori4の魅力的なスペック

Priori4では1.3GHzクアッドコアを搭載しています。

1.0GHzクアッドコア搭載の旧機種Priori3より、1.3倍も高性能となりました。CPUの核となる部分のことをコアと言い、2つ搭載したものをデュアルコアと呼んでいます。クアッドコアではデュアルコアの2倍、つまり4つ搭載しており並行処理能力がそれだけアップしています。

さらにRAM2GB、ROM16GB搭載、こちらも2倍高性能化しています。Priori3では4.5インチ854×480の液晶ディスプレイが搭載されていました。新機種のPriori4では5インチ1280×720の液晶ディスプレイへとスペックアップしています。

このスペックアップにより高精細で美しく、大きく見やすい画面となりました。

カメラ機能ではPriori3のメインカメラ800万画素、サブカメラ200万画素から新機種Priori4のメインカメラ800万画素、サブカメラ500万画素へとサブカメラの画素数が大幅にアップしています。写真や動画を良く楽しむと言う方でも満足度の高い機種となっています。

テザリング機能が搭載されており、無線LAN機能付のノートパソコンを外出先で使いたいと言うときにも便利です。