このスペックで驚きの低価格!ZTE AXON 7の3つの魅力

高性能スマフォならではの充実の魅力

中国メーカーが製造するスマートフォンと言えば、一昔前までは、いわゆる廉価版と呼ばれるような格安タイプのスマホが中心でしたが、その後のメーカーの大躍進の結果、ファーウェイを代表とする各中国メーカーが製造するスマートフォンが世界的な人気を獲得するに至りました。

その中でも、特に独創的なデザインやハイスペックながらも低価格で購入できる点などが評価されているメーカーの1つがZTEです。そして、ZTEが自信を持って市場へと送り出した最新機種が、今話題のZTE AXON 7。

このZTE AXON 7という機種、最新型スマホの名にふさわしく様々な機能を搭載していますが、中でも特にお薦めなのが

  • 指紋センサー搭載でワンタッチログインが可能
  • 2000万画素のアウトカメラで一眼レフに迫る画質を実現
  • 鮮やかな発色と肉眼に近い表現力の5.5型有機EL液晶

という3つの魅力です。

まず、第1の魅力に挙げた指紋センサーですが、SONYのXPERIAやAppleのiPhoneをはじめ、世界の有名ブランドスマホの中でもフラッグシップに当たる最上位機種を中心に搭載され始めている機能の1つで、所有者の指紋をあらかじめ登録しておくだけで、スマホのロック画面解除がワンタッチで行えるだけでなく、ログインを必要とするアプリでも指紋を使った認証が行えるので、いちいちパスワードやIDを手入力してログインするという手間が一気に解消できる優れもの。

2つ目の魅力に挙げたのが、2000万画素の超高画質カメラの存在。2016年の最新機種を中心に登場し始めた2000万画素超えのスマホカメラですが、ZTE AXON 7で搭載されているカメラはHDR対応。暗い場所でも自動的に明るさを調整した上で鮮やかな写真が撮影できるので、カメラ初心者の方でも、プロ顔負けの高品質な写真が撮影できます。

最後に、3つの魅力として掲げたのが、有機EL液晶の搭載です。画面の焼き付きなど様々な問題を抱えている有機EL液晶ですが、その焼き付きなどのデメリットを最小限に抑えた形で開発された最新型の5.5型液晶を搭載。

TFT液晶ではどうしても表現できなかった、自然の鮮やかなカラーや深みのある黒色まで、幅広いカラーを忠実に再現してくれる見やすさ抜群の液晶で、特に色彩の判断能力が衰え始めた高齢者ユーザーに魅力的な液晶と言えるでしょう。